色々な場所で利用できるクラウド型のSFA

SFAの導入を検討している企業の方々は、よくクラウド型の製品に注目しています。
SFAは、大きく分けると2種類あります。
オンプレミスとクラウド型の製品があって、後者は色々な場所で使用できるメリットがあります。
そもそもオンプレミス型のSFAの場合、利用できる場所が限定されてしまう事も多いです。
基本的には自社オフィスでSFAを使用する事になるからです。
それに対してクラウド型のSFAの場合、色々な場所で利用できるようになります。
というのもクラウド型の場合は、ネット接続できる環境があれば場所を選びません。
たとえ出先でもSFAのシステムを利用できる訳です。
ある意味、フリーメールのようなイメージになります。
インストールされたメールソフトですと、インストール済みのパソコンでないとメールの作業を行えません。
フリーメールであれば、場所は選ばないでしょう。
SFAにも、全く同じ事が言えます。
多彩な場所で利用できるメリットは大きいので、クラウド型を検討している方は多いです。

培焼や粉砕等で処理する化学製品から適切に必要な試料を精製します

高純度なパラジウムなどの成分を含んだ製品を作れる企業
高度な物質精製が可能なため、他社よりも高品質な触媒が手に入れられます。

自動車触媒

活性に優れたCO軽減成分を生成できます
従来よりも少ない触媒で、水素を発生させられる触媒を開発・提供中です。

ディーゼル 触媒

欧州の排ガス規制強化に対応できる薬品

最新記事