色々な場所で利用できるクラウド型のSFA

SFAの導入を検討している企業の方々は、よくクラウド型の製品に注目しています。
SFAは、大きく分けると2種類あります。
オンプレミスとクラウド型の製品があって、後者は色々な場所で使用できるメリットがあります。
そもそもオンプレミス型のSFAの場合、利用できる場所が限定されてしまう事も多いです。
基本的には自社オフィスでSFAを使用する事になるからです。
それに対してクラウド型のSFAの場合、色々な場所で利用できるようになります。
というのもクラウド型の場合は、ネット接続できる環境があれば場所を選びません。
たとえ出先でもSFAのシステムを利用できる訳です。
ある意味、フリーメールのようなイメージになります。
インストールされたメールソフトですと、インストール済みのパソコンでないとメールの作業を行えません。
フリーメールであれば、場所は選ばないでしょう。
SFAにも、全く同じ事が言えます。
多彩な場所で利用できるメリットは大きいので、クラウド型を検討している方は多いです。

顧客の管理・獲得に便利なSFA
営業活動の様々な場面で活用できるSFAですが、顧客管理にも利用できるのをご存じでしょうか

最新記事